• レナー・グレイシー
  • レナー・グレイシー

レナー・グレイシー

レナー・グレイシー レナー・グレイシーは、グレイシー柔術の創始者へリオ・グレイシー師範の2番目の孫です。父はロリオン・グレイシーで、護身術の第一人者です。1993年にロリオンは、無制限ルールの中で最も強い格闘技は何であるかを決めようと、UFCを創設しました。ロリオンは、父の格闘技の優越性を証明しようと、対戦者に対し弟のロイスを代表として送りました。彼の叔父であるロイスは、4回のうち3回トーナメントに勝ち、テコの原理を利用したグレイシー柔術が、自分より大きく強健な相手を倒す最も有効な技術であることを証明しました。

ロリオンは、息子たちが歩けるようになるとすぐに格闘技の基本的動作を教えました。レナーは、他の兄弟と同様、幼少の頃から南カリフォルニアのガレージで父が教えるプライベートクラスの様子を見て過ごしました。しかし、彼が本当に一族の格闘技の有効性を理解するようになったのは、ロイス、リクソン、ロイラーといった家族が無制限ルールの試合で簡単に勝利を収めるのを見てからです。さらに重要なのは、レナーはグレイシー柔術を学んだ誰よりもその大きな利点について理解していたことです。Gracie Academyの学生が人生を変えるような変換を遂げていくのを見ていく中で、レナーはこの格闘技の指導者になりたいと思うようになりました。彼はグレイシー柔術の技術をマスターしようと常に練習しながら、彼の祖先が築き上げてきた指導方法の向上に、同様の力を注いだのです。2002年にヘリオ・グレイシー師範は、レナーに黒帯を与え、その独自技術と指導方法を認めました。

今日、グレイシー柔術の指導に対する需要は、その実証された有効性とシンプル性のために、これまでにない速さで高まっています。しかしながら、多くの自称指導者と名乗る者たちは、街での適用力、エネルギー効率性、自然な身体の使い方の原則を理解することなくこの格闘技を教えています。その結果、確固とされていた指導方法の崩壊に繋がったのです。

ロリオンは技術の高さから、師範から指導者を認定する権限を与えられました。そして彼は、レナーとリロンに技術と指導方法を純粋で最も効果的な方法で残そうという意思が強くあると感じていました。その結果、ロリオンは、彼らにグレイシー・グローバル・トレーニング・プログラムを立ち上げるという使命を与えたのです。グローバル・トレーニング・プログラムの包括的な指導DVD、インタラクティブなオンライン動画コース、認定トレーニング・センターのネットワークを通じ、兄弟は、Gracie Academyでしか学べなかったグレイシー柔術のカリキュラムを、世界の生徒のために作成しようと決意しました。