• レルソン・グレイシー
  • レルソン・グレイシー

レルソン・グレイシー

レルソン・グレイシーヘリオ・グレイシーの次男であるレルソンは、10歳の時に初めてトーナメントで優勝し、18歳で師範から黒帯をもらいました。黒帯を取得してからは、リオデジャネイロのGracie Academyで数年間トレーニングと指導を行いました。そしてレルソンは、いくつかの無制限ルールの試合に参加し、一族の名前を守りました(Gracie Jiu-Jitsu In Action Volume 1より閲覧可)。まさにその時に、あの攻撃的なファイティング・スタイルで名を馳せたのです。

1975年レルソンは22歳で、リオのスポーツ大臣ホセ・モライスの支援のもと、Iate Clube Jardim Guanabara (ICJG)の学校で指導を始めました。Academia Gracie Humaitaで火曜日と木曜日の夜のクラスに加え、月曜日、水曜日、金曜日の夜はICJGで教えていました。学校が生徒を育てる一方、レルソンとリクソンはトーナメントの黒帯部門で圧倒的な強さを見せました。

1985年にペドロ・ソーヤの兄弟カルロスの要請により、レルソンはリオデジャネイロからカリフォルニア州モンテレーに移り、Eseline Therapy Instituteで指導することになりました。ここから、彼は一族の格闘技をハワイに展開しようと、まだ格闘技が未知の世界だったホノルルに移りました。レルソンは日中を厳しい建設の仕事に費やし、夜はガレージで教えました。柔術の有効性と利点はすぐに島で広まり、同年にクラスをマノアのハワイ大学の競技施設からスタジオ4へ移転し拡張しました。

8年間のハワイでの生活の後、ついに公式のRelson Gracie Academyをハワイ州ホノルルに設立したのです。学校は2000年までWaialae通りにありましたが、現在はQueen通り844番地にあります。2004年にレルソンは自身の学校の通常業務を黒帯指導者の1人に委譲し、拡大する米国全土の関連学校のネットワークを訪問するようになりました。