• ヘリオ・グレイシー
  • ヘリオ・グレイシー

ヘリオ・グレイシー

ヘリオ・グレイシー 1914年、コンデ・コマとしても知られる前田光世という柔術家が、日本の移民政策の一環としてブラジルに渡る機会を得ました。ブラジル北部のパラにおいて、前田はガスタオ・グレイシーと親しくなり、色々世話を受けました。感謝の意を示すため、前田はガスタオの長男カルロス・グレイシーに伝統的な日本柔術を教えました。カルロスは数年間柔道を学び、それを兄弟に伝えていきました。

ガスタオとセサリーナ・グレイシーの8人の子供(3人は女児)の中で一番下の男の子であったヘリオ・グレイシーは、虚弱体質の子でした。彼は一続きの階段を上ると失神発作を起こしていましたが、誰もその理由は分かりませんでした。事実、2年生を終える頃になると、もう学学校に通うだけの体力がないのだと母親に言っています。母親はそれにだまされ、彼は二度と学校へ戻ることはありませんでした。

リオへ移り住んだ後、経済的な困難に直面し、子供のうち何人かは別の親戚の家に引き取られました。ヘリオは彼の叔母の家に引き取られました。そのうち、人気のある地元の漕艇チームに入り、チームの寄宿舎に移りました。彼は不屈の精神とユーモアのセンスで、厄介者として扱われました。確かに彼の他人を狂わせる能力は、皆に彼を「Caxinguelê(変人)」と呼ばせたのです。

14歳になると、リオデジャネイロの行政区の一つであるボタホゴに兄弟と一緒に住み、そこで柔術を教わりました。しかし医師が止めたため、ヘリオは数年の間兄弟が教えるのを眺めるだけでした。

ヘリオが16歳になったある日、カルロスが不在のときに生徒が訪ねてきました。兄弟の指導方法を眺めて技術を全て記憶していたヘリオは、勝手にクラスを始めることにしました。クラスが終わると、カルロスが現れ、遅れたことを謝りました。その学生は、「全然大丈夫です。ヘリオのクラスは面白かったです。もし問題なければ次回からも彼に教わりたいのですが。」と答えたのです。カルロスはそれを認め、ヘリオは指導者の道を歩み始めました。

ヘリオは虚弱体質であったため、カルロスから見て学習した技術のほとんどを自分では実践できないことに気が付きました。その技術を自分でも使えるようにしようと、自分の弱い体に合わせて変化させ始めました。力やスピードに対して、テコの原理とタイミングを上手く使うことで、事実上すべての技術を改良しました。試行錯誤を重ねることで、ヘリオはグレイシー/ブラジリアン柔術を生み出しました。

新しい流儀の有効性を証明するため、エリオはブラジル全土の有名な格闘家に戦いを挑みました。彼は18回戦いました。その中には元世界ヘビー級レスリングチャンピオンのウラデック・ズビズコ、当時世界ランク第2位の柔道家であった加藤も含まれ、加藤はヘリオのチョークスリーパーで開始6分で気絶してしまいました。加藤に勝利したことで、約36キロも重い世界チャンピオン木村政彦と戦う機会を得ました。

彼はまるでハリウッド映画のように、1人の男を助ける者として、大西洋のサメが群れる海の中に飛び込んだのです。この勇敢な行動は、彼に名誉をもたらしました。

43歳のとき、ヘリオは元生徒のワルデマル・サンタナと戦い、3時間40分という、無制限ルールの試合としては史上最長の戦いをしました。

ヘリオは、ブラジルの歴史上初めてスポーツ界の英雄として認められ、プリモ・カルネラ、ホセ・ルイス、エザード・チャールズにも戦いを挑みました。しかし、彼らは全員断ったのです。

現代の伝説となったヘリオ・グレイシーは、グレイシー柔術の技術と哲学の普及について、国際的な賞賛を得ました。マイホームパパで健康的な生活スタイルの模範となった男は、彼を知る者にとっては勇気、規律、決意、創造性の象徴だったのです。